menu

2018年1月9日火曜日

ハリウッドの小児性愛、ピザゲート、吸血鬼‐食人、悪魔崇拝、パラビオシス

****音声付き新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が二部に分かれています***

人々の大多数が、経験している状況にいまだ気ついておらず、私達には何も影響しないように思っていても、その間も私達を統治する闇の権力者達は、この文明を滅ぼすために彼らの計画を続けている。
たとえ世界的な権力の主達が、彼らはポジティブな人達の集団で、慈善家や人道主義者だと示したいとしても、光の反対が高い社会階級や影響力の強い一族らと共に、この上ない秘密主義や隠蔽の中で、その小児性愛のネットワークを作っていくのだ。だからこそ現実に目を開くことが、極めて重要だ。
映画による帝国の宣伝の最大の業界であるハリウッドについては、何が言えるだろうか?その俳優の多くは性的に虐待され、彼らの宣伝代理人やプロデューサー、監督自体から脅され、堕落したエリートの個人利用のおもちゃと化してきたことが、暴かれつつある。
だがどうやらハリウッドの暗い世界における小児性愛が暴かれているのみならず、
また宗教界の聖職者の巨大な組織的陰謀も、明らかになりつつある。
では、ピザゲートについては、何が言えるだろうか?その中で、多くの文化界や、さらには政界の傑出した影響力のある多くの人物の関与が、露呈している。
また、私達が完全な忠誠心と愛情をもって仕える、貴族やエリートに属する人達全てについては、何が言えるだろうか?彼らもまた無数の悪癖や小児性愛、ヴァンピリズム、さらには世界中で増大する悪魔崇拝の人食いにまで関与しているのか?
エリートと統治者らが、いけにえの儀式と共に悪魔のサバトを行っている、ボヘミアン・グローブの結社については何が言えるだろうか?もしかして、その小児性愛の悪癖を全員で分かち合う一方で、その恐ろしい降霊術と黒魔術を続けているのか?
そのため、このあまりに不均衡で錯乱した、性的マニアが蔓延し、さらに悪いことには、企業や政治、行政面で実に巧妙に立ち回り、あらゆる種類の害を及ぼしている、この陰うつな時代において、私達の意図は、このドキュメンタリーを見続けている一般の人達全てに、注意するよう警告を行うことなのだ。


2017年12月7日木曜日

5周年、量子跳躍という大躍進、遺伝的な変化の瞑想、光子・光

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が二つに分かれています***

私達の人生において、量子跳躍という大躍進を遂げ、変化し、私達の行く末の修正を行う時が来ている。というのも、光子・光が地球全域で次第により強力になっているからで、その大きな機会を無駄にするのは、愚かな行為であるからだ。
実のところ、大多数の人は、多くのトラウマや恐怖症、エゴといった有害な状態を治す必要があることを、真剣には受け止めていない。今や、この顕著に衰退し、腐敗した文明における最悪の時代を迎えているとはいえ、人間のふりをしているエイリアン達は、私達全員を絶滅させるまで、休むことはないだろう。その緊急の変化を模索する私達の闘いを、やめるべきではない。なぜなら銀河の中心に近づけば近づくほど、日増しにより激しく、刷新するものとなる振動周波数を、私達のDNAにおいて経験することになるからだ。たとえ彼らが私達をつまづかせるべく罠を仕掛け続けようと、目覚めは止まらず、大規模になっている。
光に反対する力に対抗するための解決策は、瞑想の科学を用いることだ。なぜならこの極めて古い実践が、内面的な成長に至るよう導き、私達の肉体の健康状態も、持続させるからだ。加えてそれは、私達のDNAの中に存在している。それゆえ私達の人生やふるまいの奥底まで至る真の進化を成し遂げるためには、仏教の禅の瞑想が、その最終的な勝利を得るための何よりの基本となる。
人間には、意識において量子跳躍という大躍進を遂げる可能性がある。だがそれは、私達の居合わせるあらゆる環境において、平和やバランス、調和、一貫性がある限りにおいての話であり、それゆえ、多くの者が有する重い振動周波数を高める緊急の必要性を主張するのだ。
しかしながら、その達成のためには、マインドと心のバランスが基本となる。そうして、生体エネルギーのしっかりとした安定に至るためだ。脳と心の間で生じる、遺伝的および変化の瞑想のみが、統一された意識や輝かしい光子の光へと私達を導き、私達を取り巻くこれらのシナプスや神経系、原子の相互作用が、私達の内面の周波数を高め、さらには私達を包み込んでいる銀河のエネルギー領域自体の方向へと向かわせるだろう。


2017年11月18日土曜日

南極、極秘計画、ナチス‐宇宙人の基地、アーネンエルベ、オデッサ、ハイジャンプ

****音声付き新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3つの部分に分かれています***

私達はあらゆる分野においてかなりデリケートな状況に陥っている。だが、地球規模で不安定にさせ、社会に大きな亀裂をもたらすために、エリートが行っている動きがあるとはいえ、他方では、日を追ってより多くの人々が、まだごく少数の人々しか知らない様々な秘密プログラムについて、見出し始めてもいる。それらについて、エリートはできるだけ早急に機密解除する義務を持つ。あるいは、それらが暴かれず、しっかりと隠されたその行動計画が沈黙を維持するよう、さらなる威嚇を模索しているのか?
それらの秘密プログラムの中に、南極大陸が秘める神秘が存在しており、南極では人工のピラミッドや、氷の下の淡水の湖、底の検知できない深い洞窟、トルコの海軍大将ピリ・レイスの、氷のない状態の古代地図と一致する広大な地域が発見されてきた。
もしかして、南極には地球を起源とする極めて進んだ文明があったのだろうか?あるいは多くの人が述べるように、それは地球外のものだったのか?はたして本当に、その内部には温かい一帯が存在し、エイリアンの基地を作るためにそこが使われたのか?
では、ナチスによって第二次世界大戦中に作られたプログラム、いわゆるペーパークリップ作戦と、これらの秘密基地とは、どのような関係があるのか?あるいはオデッサ・ネットワークと、バチカンや法王ピウス2世の協力は?ピウス2世こそが、当時より既に存在していた地球外生命との接触に関する全てを沈黙するよう命じた人物である。
だがナチズムの目的は、南米に拠点を置くことのみならず、また南極に基地を設置することや、同時に、さらに秘密の、謎めいたアーネンエルベという計画の創設や、同じくオカルト主義の結社トゥーレやブリルをもって、アーリア民族の神々とされる存在と接触することであったのだ。
はたして彼らは、本当にアーリア民族の神々である存在と接触し、交信することに成功したのか、それとも宇宙船を作る高度な技術や、同じく入り口を開けて瞬間移動できるトールのハンマーやベルを彼らに授けた、エイリアン達と接触したのか?


2017年10月22日日曜日

UFOの機密解除とエイリアン、悪魔崇拝-バチカン、黒服の男、テスラ

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が2つの部分に分かれています***

UFO現象やその乗組員に関連し、機密扱いされている一連のマテリアルに、真実の光をあてる時が来ていると説明することは、極めて重要だ。また、国際社会にとって大変な重要性を持つ、各国政府が伏せてきた闇の作戦や秘密計画についても、同じことが言える。
地球全域に、人間とつながりを持つ、コスモスを起源とする船が記録された無数の証拠が存在している。これはポジティブな方向に向けても、また別の実に欺瞞的な、闇の方に向けても、起こってきた。それが、この人種の行く末を変えたのだ。このドキュメンタリーにおいて、なぜ光の反対が、ひどい狡猾さをもって、その秘密主義を利用し、隠蔽のもとに人類に擬態してきたのかを理解できるだろう。そして古代のシュメールの時代から、アヌンナキやニビル、ネフィリム、トゥラン人、ペリシテ人、ヒッタイト人の側について、狡猾に偽装して潜入し、後に政府にまで入り込んで、現在まで至っている。
そのため、堕落が全ての場面において、あらゆる所に入り込んでいったのだ。数千年前から支配し、操っている背徳的な闇の力は、全ての人間にいわゆるエゴ・瘴気を生じさせる一方で、常に悪を栄養としてきた。そしてそれを達成するために、私達が元々持っていたDNAの12本の鎖を切除したのだ。
しかしながら、その失われた意識を取り戻すために、太陽系にも、地球にもより強く継続的に光子・光が届いている今や、その軽い周波数は、光の反対にとって耐えられないエネルギーとなる。それゆえ彼らは、できるだけ早くこの文明を滅ぼそうとあらゆる手段を講じてあがいているのだ。この文明に対するひどい陰謀をもって、食べ物に毒を盛り、水を汚染し、放射能漏れを起こし、またワクチンや病気をもたらして。というのも、彼らは自分達のものではない惑星を支配するために、宇宙からやって来た存在であるからだ。そして2012年が閉じてからは、星の連盟とのその不可避の協定ゆえに、彼らは現在までのその不快で不当な地球上での滞在の間に、彼らがこの惑星で行ってきた全てのことを開示しなければならないだろう。
だがはたして彼らは、全てを機密解除するだろうか?それとも、自分達の立場を危うくしないよう、現在行っているように、部分的な形でそれを行うのか?


2017年10月2日月曜日

地球工学、メキシコの地震、ハリケーン・マリア、カタルーニャの住民投票、分裂

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が2つの部分に分かれています***

至る所で生じている無数の出来事を分析するなら、同じ9月に、同じくカリブの一帯にひどい惨状を引き起こした後に、ひどく致命的な、より数多くのハリケーンや台風、サイクロンが地球全域で起こっている理由は何か?
既に全てを破壊していた、その前の壊滅的なハリケーンから僅か数日を経ての、多くの苦難や死という奇妙な偶然に、はたして説明がつけられるのか?それとも、気候の操作やスカラー波の地球工学プログラム、隠ぺいされた作戦に関連した、巧妙に隠された悪意のある目的が存在するのか?
このことは、最近のメキシコの強い地震に見ることができる。これは、1985年の壊滅的な地震の記念日当日と一致させるべく、引き起こされた可能性があるのだ。はたしてこれは、信じがたい偶然なのか、それとも実に巧妙に謀られた必然性があるのだろうか?
だが、私達を破滅させようと彼らが行っているのはそれだけでなく、彼らの対立させる意図の一つにはまた、隠蔽された戦争や、同じく偽旗の襲撃や危機、社会的対立を生むというものがある。それが、スペインにおいて、またカタルーニャの分離の行いに起こっており、前例のない社会の破たんをもたらす危険にさらされている。ではなぜこれほど正確に、最も不適切な時に、スペインの首相はアメリカへ赴き、トランプと会合を持つのか?これほどの一致や、少し前にスペインの王が行ったロンドンへの旅との類似性の理由は何だろうか?もしかして、何かがごく間もなく起こり、そしていつものように、買収された政治家らは、陰の政府に既に指示されていた役割を果たすのか?


2017年9月20日水曜日

製造されたハリケーン、地球工学、FEMA、バルセロナのテロ、ウイルス、日食

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が2つの部分に分かれています***

この緊急特別ドキュメンタリーにおいて述べているのは、突如生じる、ひどく激しく予測不可能な気象現象のことだ。これほど多くのハリケーンや台風、サイクロン、強い嵐が生じているのは、なぜか?もしかして、気候工学のプログラムによって誘発された操作が存在しており、ごく少数の人達のみが、それらの破壊的な操作に気付いているのか?
専門家らは、3つのハリケーンが整列したことに、衝撃を受けている。これは異例のことであり、何百万という人々が、急きょ自宅を放棄せざるを得なくなっている。さらには前代未聞の破壊とカオスの爪痕をその通り道に残して、アンティーリャス諸島やカリブ海の多くの島々が、地図上から消されてしまった。
ではなぜ、マスコミは、この災厄についてほとんど放送しておらず、死者数について真実を述べていないのか?もしかして、何千人もの避難者達を FEMAキャンプに閉じ込めようとしており、政府は軍国化し、多くの場所に戒厳令を敷こうとしているのか?
また、これらのぞっとする原因ゆえに、実に奇妙で解決不可能な動きが生じており、その一例がBrexitであり、これはヨーロッパを不安定にさせる目的で作られた。では、スペイン国王による謎のイギリス旅行や、女王による彼へのガーター勲章授与については、何が言えるだろうか?その後のバルセロナのテロ襲撃との奇妙な一致はなぜなのか?
もしこのことに、今年2017年に生じている天文学的な事象、月食や皆既日食、惑星の合、隕石などを加えるなら、未知の出来事が迫っているという知らせなのか?もしかして、加えてこれは、この2017年の夏に遺伝的に変異したウイルスやバクテリアの尋常でない増殖と関係があるのだろうか? それともある種の偶然であり、一層強力な新しいワクチンに備えさせる目的があるのだろうか?


2017年8月29日火曜日

パットン、生まれ変わり、超低温保存と不死、ロボット、リンカーン-ケネディ

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3つの部分に分かれています***

はたして私達の魂・意識は本当に不死であり、何度もこの地上の舞台へと戻ってくるのか?それとも私達は単なる肉体に過ぎず、死んだら腐敗し、灰と化すのみなのか?
輪廻転生は、人生のたびに進化できるための恩寵だと古代の賢者達は述べている。私達の肉体は、何世紀にも渡り、多くの民族や文化を通して、たくさんの転生において私達の不死の魂・意識を入れるために作られた器にすぎないことが、確認されており、長寿や輪廻転生について示唆している。
同様に、各人生における前向きの進歩という唯一の目的で、全ての人に提供された能力は、歴史上常に存在していたし、多くの文化がこれを普通のこととみなしていた。さらには現代においてもまた、これを経験し、それについて明白な証言をしている人々もいる。たとえばグレン・フォードやパットン将軍がその例である。では、ちょうどその間に100年の隔たりを持つ、リンカーン大統領とケネディ大統領の生涯と死にまつわる謎めいた一致については、何が言えるだろうか?
だがなぜ、生まれ変わりや転生、もしくは魂の移住についてのあらゆることが、深刻な罪、異端と考えられるようになったのか?もしかして、これらの聖職者階級による法令は、ひどい隠ぺいであり、このために、魂は不滅だということに対する懐疑主義や不信感が世界中で力をつけたのだろうか?
たとえ科学のみが、合成技術やトランスヒューマニズムを介して、寿命を延ばすことに支配権を持つと、物質主義の教義が私達に信じさせようとしていても、疑いなく、実際には言われている通りではない。というのもそれは、変性したDNAをもって人工的な生命を作ることに過ぎないからだ。なぜならまだ多くの者が有する魂・意識は、いかなる高度な機械とも取り替えることはできないからだ。だが、現代の科学者らがこれ程までに専念している、この遺伝的手法の中心目的は何か?